Skip to main content

Tokyo

流れるままたゆたって 感じるままに走った
街が吐き出した空気 この頬に感じ分かった
小さな身体の中にハチ切れるくらいの声が
溢れるの止めるように 大げさに笑い合ったんだ…

流れるままたゆたって 感じるままに走った
街が吐き出した空気 この頬に感じ分かった
小さな身体の中にハチ切れるくらいの声が
溢れるの止めるように 大げさに笑い合ったんだ
僕ら言葉 跨って 未知なる未来目指して
飛ぶには心もとなすぎる背中の羽根めいっぱい
伸ばして背伸びもして 疲れ果て眠るまで
この街の隅っこで 心のまん中で 今日も唄うんだ
東京
姿・形・色 変わり続けてくお前は
東京
いつか俺の知らない誰かになるのかな
東京
それでも今だけは幼馴染みたいに
東京
はしゃごうじゃれよう 昨日振り返らずに済むように
赤く滲んでは染まる君は
目も合わさずに この手繋いで
溢れる 愛をくれる
東京
僕らをつなぎ
放たれてくそれぞれの日々へ
東京
くぐり抜けた
まだやわでやりきれぬ 思い出
東京
ふと よぎる君は
まだあの日のままの声で
東京
写そう今を
誰も君を忘れないように
抱きしめて噛みしめても 届きはしないのは
未来へと託されたわずかなる希望で
かけ違えたまま過ごしてきたこの時間は
もう戻らないし戻れない どれだけ清く願っても
東京
僕らの切なさも淋しさも 恋しさも
東京
やるせなさもだらしなさ このあてどなさも
東京
すべて吸って なお抱きしめてくれるあなたは
東京
泣きたい時に借りる胸はそこにあるのかい
次の歌: うたかた歌(ショートカット: →)

当社のサイトでは、Cookiesを使用してユーザーセッションを追跡し、サーフィンを容易にしますが、当社のページをナビゲートすることに同意する必要はありません。